将来性のあるエンジニアが育つ傾向

現在ではブラック企業と言われてしまっているようなIT企業も多くなりましたが、ITが隆盛を始めた頃にはそのような現場とほとんど同じような現場環境が与えられていました。
そこで自分を育て上げてきた人が、管理職となって現代のIT企業を牽引しているのは事実でしょう。
SEとして現場経験を積んできた人はスペシャリストになるか、管理職を目指すかという選択をしてきました。
そのときに優秀だったSEほど管理職を目指してきて、企業の中核を担うようになっているのです。

このような状況を勘案すると、ブラック企業に勤めることは将来性を高めるのに繋がるという考え方ができるでしょう。
厳しい環境に身を置いて若い頃から努力を続けるのが、エンジニアとして大成するために重要な点であることを先人が体現しているのです。
過酷な状況で問題解決をするために試行錯誤を行った経験はかけがえのないものであり、必死に勉強もしなければならないことから専門性も高くなります。
近年では一つの専門性にこだわらずに広くスキルを持つことも要求されているため、広く深いスキルを獲得して将来性を高められるでしょう。

ブラック企業を敬遠するSEは多いものの、将来性を考えると優れた選択になるかもしれません。
これまでに将来性のあるエンジニアが輩出されてきたのと同様の現場環境ができていることを考慮すれば、同じような道を歩むことによって有能なエンジニアになれると期待できるでしょう。